5月, 2016 | 大分市・別府市の交通事故・むち打ち治療院 利光整骨院
TEL
MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 2016 5月の記事一覧

腰痛は座っている時の姿勢に注意!

2016.05.04 | Category: ぎっくり腰,椎間板ヘルニア,腰痛

こんにちは

大分市の利光整骨院・ボディバランス大分です。

前回は、上半身の姿勢による、くびやうでの痛みについて、お話ししました。

引き続き今回は、座っている時の姿勢についてです。

座ったままの姿勢で何が悪いのかといえば、

骨盤の動かないのが一番良くないんです。

現代は座ったままの仕事が多いため、若い人でも腰を悪くする人が多いです。

運動不足解消にウォーキングも良いのですが、

部屋を四つ這いで歩くと、腕の付け根も刺激されるので、

実は腕を振って歩いているウォーキングと

変わらないくらいの運動になります。

ただ四つ這いで歩きまわるのは面白くないので、

例えば床の雑巾がけをしながら、歩きまわるというのもありです。

でも、その時間すらない場合には、寝る前と起きてからの5分ずつを、

骨盤を動かす時間に使うのも良いです。

寝ている時に足首を直角に立てて、その状態で

お尻を左右にゆらしてみてください。

その際に両手を骨盤に当てていると、安定します。

また私は、バソコンの前にいる時には、イスの上に正座をするか、

骨盤を立てて膝を揃えて座るようにしています。

骨盤は立てて座らないと、気の巡りが悪くなるので。

ストレスを感じていたり、悲しいことがあった時ほど、

胃の所で腰を折って、丸くなって背もたれに寄りかかっている人もいますが、

それでは内臓に脂もつきやすいし、その姿勢は腸を圧迫しています。

便秘だと思って原因を探していたら、

自分の姿勢が悪いだけだった・・・

という事のないように注意しましょう。

例えば、猫背という姿勢は、うなだれている時の姿勢です。

元気な時や楽しい時は、そんな姿勢はとりません。

つまり猫背にしているだけで、脳は悲しいことが

あったのではないかと、脳が勘違いをするのです。

それだけでもストレスをタメてしまいます。

ちなみに正座が苦手であぐらをかく習慣の方は
,br>
「戦国武将座り」といってお尻の下に、固めのクッションをしいて、

骨盤が後ろに倒れないよう、重心を前に持っていき

なるべく背筋をのばして座るとよいです。

試してみてください。

それではまた~

メールでの問い合わせはコチラ

当院へのアクセス情報

利光整骨院

所在地〒870-0844 大分県大分市古国府8-2
電話番号097-546-2715
駐車場6台あり
予約当院はご予約制となっております。
メールでのご予約(前日まで受付)、電話予約(当日でも可能)
休診日土曜日午後  日曜・祝日
院長利光 正

フェイスブックの「いいね」お待ちしております。