腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア | 利光整骨院|大分市で肩こり腰痛に効く評判の整骨院
TEL

座り時間にご用心 | 大分市の腰痛治療・むち打ち治療 利光整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア | 利光整骨院|大分市で肩こり腰痛に効く評判の整骨院の記事一覧

座り時間にご用心

2023.04.03 | Category: ぎっくり腰,椎間板ヘルニア,腰痛,自律神経整体

利光整骨院・ボディバランス大分です。

突然ですが、座っている時間は
1日平均どれくらいですか??

ちなみに、日本人は世界一
座っている時間が長いそうです。

それでも昔のように、正座で過ごす時代
はまだよかったのですが

パソコン作業が長くなると
ほとんど椅子に座ることが多いです。

この際、本来動いていているはずの、
骨盤は固定されてしまい

背骨も重力を分散する、S字カーブが
Cカーブになると

何と立っている時の1,5倍の負担が
椎間板にかかっているそうです。

人間は構造上、ずっと座っていることが
本来は苦手なようで、

長時間座っていると、多くの方は落ち着かず
クネクネしていませんでしょうか?

「立ち姿勢」、「座り姿勢」どちらも
「重力」に逆らうようにして
体を持ち上げています。

手を地面から離して立ち上がる
ことができるのは

ヒトを含めた霊長類ですが、
中でも、1日立ち続けていられる
のはヒトだけです。

バランスを保ち、しかも、
長時間その姿勢を保持できることは

ヒトであれば当たり前なように
感じられるかもしれませんが、

どれほど難易度の高いこと
なのかを感じます。

だから。二足歩行ができるように
そして、長時間座っていられるように
進化をしてきたと言っても、

「立ち姿勢」、「座り姿勢」どちらも
体にとっては負担である
ことは変わりません。

特にこれほど「座る時間」
が長くなった世代は
いないのではないでしょうか?

もし、座っている時間が長い方は、

・他の動物ではできないこと
をしている。

・今までの世代で最も長時間「座る」
世代になっている。

と、腰にかなりの負担をかけている
ということを認識してください。

最近は、学生さんの腰痛、肩こりが
増えつつあります。

特に学生さんや、新社会人など
これからも座り姿勢が続く
であろう方がいるお家では

その重要性を教えてあげる
といいかもしれませんね。